仏教の説話

2020年10月18日(日)
【勤行をサボっても罰は出ない】
御本尊を信じている限り、(勤行をサボっても)罰なんか出ません。心配しなくていい(笑)

日蓮大聖人は「一遍の題目にも、限りない功徳がある」と言われている。

仏法は人間を自由にするものであって、人間を縛るものではないのです。

少しずつでも、毎日することが大切です。




新・人間革命「誓願」より

勤行・唱題も、やった分だけ、自分の得になる。

かといって、やらなければ罰が出るなどということはありません。

それでは、初めから信仰しない人の方がよいことにさえなってしまう。






大切なのは、何遍唱えるかではなく、「どれだけ深く信じているか」です。

回数や時間にとらわれると、形式になってしまいます。これも魔です。

ただ一遍のお題目でも、必ず宿命転換できます!

また、そう信じ切って祈ることです。

10/18^21:22
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++