一剣

2019年7月12日(金)
【NO TITLE】
日本オリンピック委員会の新会長に選ばれた全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏。現役時代は世界選手権で3連覇、ロサンゼルス五輪で金メダルに輝き、国民栄誉賞を受賞した▼数々の偉業を打ち立てた氏にも、深く悔いの残る試合があるという。それは大学2年時、全日本学生柔道選手権の決勝戦。最初の1分間、相手は積極的に攻めてきたが次第に守りに入った。一方で氏は果敢に技を掛け続ける。試合終盤、“判定で勝てる”と踏んで攻撃の手を緩めた。しかし結果はまさかの「判定負け」▼試合後、恩師は叱責した。“お前は相手に負けたんじゃない。自分に負けたんだ!”。以来、氏は一本勝ちを狙う“攻めの柔道”を貫き、公式戦で203連勝を達成する。振り返れば、あの“判定負け”が人生最後の敗北となった▼どんな強敵にも勝る最大の敵は、自身の心に潜む油断や慢心だろう。柔道の創始者・嘉納治五郎の言葉に「尽己竢成」、すなわち“全精力を尽くした努力の上で、成功を期待すべき”と。池田先生は、この哲学を通して「わが身を惜しまず、一心不乱に戦い抜く。そこに勝利への道が開ける」と語った▼“この辺でいいだろう”という油断は転落の道。日々、挑戦し、自身の殻を破ろうとし続ける。常勝の人生の鉄則である。

7/12^06:13
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++