一剣

2020年10月29日(木)
【NO TITLE】
今年のノーベル平和賞に選ばれたのは、国連の世界食糧計画(WFP)。コロナ禍による深刻な飢えに苦しむ人々を支援する活動が評価された▼ちょうど50年前、ノーベル平和賞を受賞したのも、品種改良の小麦を開発し、食糧危機にあえぐ人々を救った農学者のノーマン・ボーローグ博士だった。“奇跡”とも呼ばれるその小麦は、背丈が低く丈夫で風害に強い上、穂数当たりの穀粒数が多く、高い収穫量を誇った。博士は2万系統以上の小麦を粘り強く研究し、この新品種を生み出した▼博士の人生観に大きな影響を及ぼしたのは、世界恐慌によって困窮する人々を目の当たりにしたことだった。苦しむ人の役に立ちたい――その切実な願いが一粒の種子を生み、やがて数億人の命を救った(レオン・ヘッサー著『ノーマン・ボーローグ』悠書館)▼仏典には「金色王」の故事が説かれる。干ばつと飢餓に苦しむ民衆のため、王は自らの食を最後まで分け与える。その姿は天をも揺り動かし、甘露の雨を降らせ、万民を蘇生させた▼“奇跡”と思える偉業も、最初の一歩は、何とかして人を救いたいという慈悲の心から始まる。目の前の一人に寄り添い、心に希望の種をまく。この地道な労作業の中に、最も崇高にして偉大な人間の輝きがある。

10/29^05:39
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++