一剣

2020年10月30日(金)
【NO TITLE】
「火星人が攻めてきた」――82年前のきょう、アメリカのラジオで臨時ニュースが流れた。他の番組を中断しての速報、アナウンサーの重々しい実況。リスナーは大パニックに陥った▼これは、SF小説『宇宙戦争』を基にしたラジオドラマの演出。だが、多くの人が本物のニュースと勘違いした。路上は避難する車で渋滞。給水塔を宇宙船と誤解し、発砲する者まで出たという▼集団心理の怖さを、昔の話と笑うことはできない。特に現代はネットやSNSによって誰もが発信者となり、真偽を問わず情報が拡散する。コロナ禍の“トイレットペーパー買い占め”は記憶に新しい。今秋の調査では、約7割の人がフェイクニュース(虚偽報道)を見破る自信がないと答えた▼虚偽に惑わされないためには、メディア・リテラシー(情報を読み解く能力)の向上が不可欠だ。受け身でいるだけでは“情報の洪水”に足をすくわれかねない。不確かな情報には態度を保留し、主体的に根拠を問い続ける姿勢が求められる▼池田先生は「知識や情報を、人類の幸福と世界の平和のために生かし、使いこなしていく『知恵』が、ますます追求されなければならない」と訴える。その知恵を、わが生命から引き出す源泉は、祈り、語り、学ぶ信仰の実践の中にある。

10/30^05:35
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++