一剣

2020年11月25日(水)
【NO TITLE】
民間の有人宇宙船が国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。搭乗した宇宙飛行士の野口聡一さんは、人気アニメの台詞を通して喜びを語った。「打ち上がった後も、さまざまな困難な状況に直面しましたが、『全集中』で乗り切ってきました」。「11・18」には、飛行するISSが総本部上空でも観察された▼人気アニメとは映画が公開され、社会現象になった「鬼滅の刃」。鬼に家族の命を奪われた少年が、鬼と化した妹を人間に戻そうと格闘する物語だ▼なぜ爆発的なブームになっているのか。理由の一つには、過酷な現実を前にしても諦めない主人公と仲間たちが見せる不屈の姿が挙げられよう。鬼の打倒へ不断の努力を重ね、大切なものを守るために戦い続ける――それが「今」を歩む人たちへのエールとなっているに違いない▼何事も計画通りに進むとは限らない。むしろ、予期せぬ事態の連続が人生といえる。その時に知恵と勇気を湧かせ、苦難や試練と向き合えるかどうか。そこで人間の真価が問われる▼「過去や現実がどうであれ 真剣に今日を生きる人に 希望の明日は訪れる」(1日付「わが友に贈る」)。過去を懐しみ、未来を憂うだけでなく、今に集中し、なすべきことに全力を尽くしたい。

11/25^05:40
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++