一剣

2021年1月14日(木)
【NO TITLE】
日記帳の売り上げが伸びているという。コロナ禍が一因だそうだ。激変する社会の中で、自身を見つめ直した日々の軌跡を残したいということだろう▼文豪トルストイは、生涯にわたり膨大な日記を残したことで知られる。若き日には、作家として試行錯誤を繰り返した苦悩を赤裸々に記した。「書けず。すっかり萎えた拙い筆」「ほとんどひと月何も書かず」▼それでも「よかろうが、わるかろうが、つねに書かねばならぬ」とペンを執り続けた。そうすることで「仕事に慣れ、文体が出来てくる」からだ。反対に書いていないと心に迷いが生まれ、堕落してしまうと自戒した(中村融訳『トルストイ全集18 日記・書簡』河出書房新社)。池田先生は文豪の挑戦を通し、「ともかく『前へ』進むことである。そこに、『道』は開けていく」と訴えた▼御書には「月月・日日につより給へ・すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」(1190ページ)と。人生も広布も一日一日が仏と魔との闘争。心に妥協や油断が生じた瞬間から、退歩が始まっている▼釈尊が弟子に託した遺言は「怠ることなく修行を完成なさい」(中村元訳『ブッダ最後の旅』岩波文庫)だった。どんな時も誓いの道を歩き続けよう。その人が、“黄金の自分史”をつづりゆく人である。

1/14^05:37
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++