一剣

2022年1月15日(土)
【NO TITLE】
1人暮らしの87歳の壮年の家に、3人の作業員が訪ねてきた。「お宅の屋根が壊れているのでお知らせにきました」▼作業員はスマホで撮影した写真を見せ、「放っておくと雨漏りなど大変なことになります」。屋根の状態を確認できない壮年の不安をあおり、すぐに修理工事するよう促した。契約書の請求金額に驚いた。約180万円!▼実際、屋根に異常は見られず、法外な費用を請求する詐欺だった。指摘商法という手口だ。賢明な対処で事なきを得たが、消費生活センターは「突然訪問してくる業者を屋根や自宅に上げない」「その場で契約するのではなく、まず信頼できる業者に相談する」などといった対応を呼び掛ける▼人ごとのように思っていたことが、わが身に降り掛かってきて初めて、わが事となる場合が少なくない。「自分は大丈夫」といった油断や過信は禁物。次元は異なるが、日蓮大聖人は主君の信頼を勝ち得た壮年門下に対し、世知辛い世の中ゆえに「心にふかきようじんあるべし」(新1600・全1176)と、具体的な指示をされている▼聡明に生きるとともに、家族や地域などで注意喚起し、絶対無事故を勝ち取りたい。最高に価値ある人生を生きる原動力が信仰である。

1/15^05:27
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++