名字の言

2018年1月11日(木)
【NO TITLE】
ラグビー大学選手権で前人未到の9連覇を達成した帝京大学(7日)。決勝では、わずか1点差で激闘を制し、敵将に“常に勝ってきたチームとの差”と言わしめた▼スポーツの世界は勝てば勝つほど、ライバルからのマークが厳しくなる。まして毎年、戦力が入れ替わる学生スポーツで勝ち続けることは容易ではない。では、なぜ強いのか▼秘訣の一つは「絶えず考え、変化し続けること」。同大学では“指示待ち”ではなく、選手自らが考え、主体的に行動する習慣を徹底している。選手は一日を終える前に、その日の行動や思考を細かく振り返るという。すると「こうすれば良かった」という課題に気付く。それを改善していく(岩出雅之共著『負けない作法』集英社)▼こうした習慣を続けた人の真価は、いざという時に現れる。今回の決勝で後半途中までリードを許しながら、決して慌てず、見事な逆転劇を演じた選手の姿が、それを物語っていた▼広布と人生の勝利もまた、自分自身の絶えざる変革から始まる。御書に「深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし」(384ページ)と。朝の祈りで目標を確認して出発する。夜の祈りで行動を振り返り、次なる前進を決意する。日々の価値創造の積み重ねが、偉大な勝利を生む。

1/11^13:24
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++