名字の言

2018年3月8日(木)
【NO TITLE】
日本男子マラソン界に新星が現れた。2月末のフルマラソンで設楽悠太選手が16年ぶりに日本記録を更新し、注目が集まっている▼大学時代は双子の兄と共に強豪校で活躍。箱根駅伝では3年連続で区間賞、2度の総合優勝にも貢献した。実業団に進んでからは、試行錯誤の末、“常識を覆す練習法”を取り入れ、新記録の樹立に至った▼一般的にマラソンランナーはじっくりと走り込み、本番への状態を整える。だが彼の場合は、この3カ月の間に五つもの公式レースに出場。あえて真剣勝負を重ね、試合勘を磨いてきた。「勝負にこだわれば、記録もついてくると思った」。その言葉通り、レース前半から果敢に攻め、ラスト10キロの正念場で抜群の勝負強さを見せた▼“いつか勝つ”という考え方ではない。“今ここで勝つ”という真剣勝負を積み重ねてこそ、ここぞという時にも自身の最大の力を発揮できる――彼の力走はスポーツを超えた人生哲学を教えてくれる▼人生の舞台も広布の戦いも勝負の連続である。池田先生は「真剣に祈れば、智慧が湧く。真剣に動けば、道は開ける」と。いよいよ「3・16」60周年は目前。自ら決めた決勝点へ真剣に祈り、挑戦と勝利を重ねよう。その不撓不屈の日々こそ、かけがえのない人生の宝になる。

3/8^13:40
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++