名字の言

2018年3月11日(日)
【NO TITLE】
しなやかな枝ぶりに、無数の小さな白い花をつけるユキヤナギ。「雪柳」と書くが春の花である。花言葉の一つは「けなげ」▼歌手のMicroさん(Def Techのメンバー)は、この花をモチーフに曲を作った。冬を耐え、春になって自分らしく精いっぱいに咲くユキヤナギは周りを照らす存在となる、と歌う。人もまた、試練の季節を勝ち越えてこそ人生の春は開く。その姿は、これまで信じ、励まし続けてくれた周囲の人々に希望の光を届ける▼福島の女子未来部員は、原発事故の影響で避難を強いられた。狭い仮設住宅では、布団2枚に母・妹・自分の3人で寝た。生活再建に必死な親に、わがままは言えない。そうしたストレスからか、一時、学校に行けなくなってしまった▼そんな彼女のために、各地に散った故郷の同志は祈った。母は“口に出せないなら”と彼女と交換日記を始めた。真心と愛情に包まれた彼女は奮起。今月、高校を卒業し、皆の期待を胸に他県の短大に進学する▼ユキヤナギは、「3月11日」の誕生花でもある。復興の前進を刻んで7年となるこの日、世界青年部総会が開催される。ユキヤナギの漢名は「噴雪花」。噴き上げるように咲く純白の花々が、活躍の舞台に躍り出る創価の青年たちと重なる。

3/11^13:44
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++