きょうの発心

2020年8月1日(土)
【NO TITLE】
◆きょうの発心 崇峻天皇御書 東京・府中総区壮年部長 高山兼道2020年7月31日

御文
 蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり(崇峻天皇御書、1173ページ・編1038ページ)
通解
 蔵に蓄える財宝よりも、身の財がすぐれ、身の財よりも、心に積んだ財が第一である。

師弟共戦の日々が「心の財」に
 財産や名誉、地位より、信心という心の財を積むことこそ大切であると仰せです。
 20代の頃、創価班として、創価大学で行われた会合の役員をしていた折、池田先生に声を掛けていただいたことが生涯の原点です。
 以来、いつも心に師を抱き、負けじ魂を燃やしながら、広布と人生の坂を上ってきました。
 45歳の時、母の突然の死とともに、連帯保証人として数千万円もの負債を抱えることに。5年前には、ステージ2の大腸がんを患いました。壁にぶつかるたびに悩みましたが、師匠と同志の励ましを支えに、広布に生き抜く中で一切を乗り越えることができました。これまでに夫婦で37世帯の弘教を成就。現在は、元気に本紙の配達員を務め、本年で14年目になります。
 経済苦や病苦を乗り越えた今、「蔵の財」や「身の財」よりも、「心の財」が何よりも大切であることを深く実感しています。
 報恩感謝の思いを胸に、さらなる挑戦を重ねていく決意です。



8/1^05:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++