きょうの発心

2020年10月17日(土)
【NO TITLE】
御文
 妙楽大師のたまはく「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」等云云、人の心かたければ神のまほり必ずつよしとこそ候へ(乙御前御消息、1220ページ・編789ページ)

通解
 妙楽大師は「必ず心が固いことによって神(諸天善神)の守りは強い」と言われている。心の堅固な者には神の守りが必ず強いというのである。

感謝の心で誓願の道を!
 信心の強さにより、諸天善神の守護も必ず強くなる、と教えられた一節です。
 経済的にも苦しい中、関西創価高校、創価大学で学ぶことができました。この間、幾度も池田先生との原点を築くことができ、負けない心を持つ大切さを教えていただきました。夢だった高校の教師になることもできました。
 結婚を機に東北・福島へ。11年前には脳梗塞で倒れ、後遺症に苦しみましたが、この御文を拝し、“病魔に負けず使命を果たす!”と、覚悟の信心で立ち向かい、右半身まひや言語障害を克服することができました。現在、尊敬する同志の皆さまと、感謝の思いで元気に学会活動に歩む日々です。
 総県では、オンラインも使いながら、“一人も置き去りにしない”との心で、一人一人に励ましを送っています。
 学会創立100周年へ、青年を先頭に団結し、幸福勝利の誓願の大道を前進してまいります。

10/17^05:39






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++