きょうの発心

2020年10月20日(火)
【NO TITLE】
きょうの発心 開目抄 福島会津総県長 柴木健一2020年10月19日

御文
 我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ(開目抄、234ページ・編464ページ)

通解
 私と私の弟子は、多くの難があろうとも、疑う心を起こさなければ、自然に仏界に至るであろう。諸天の加護がないからと、疑ってはならない。現世が安穏でないことを嘆いてはならない。

会津の天地に新たな人材の山を
 いかなる難があっても疑うことなく信心を貫けば、成仏の境涯を得られると仰せです。
 1984年(昭和59年)、中学3年の時、第1回福島青年平和文化祭に参加。池田先生と初めての出会いを刻みました。
 創価大学に進学。大学1年の時、弟が悪性リンパ腫に。家族一丸となって題目を唱える中、この一節を心肝に染めました。同志の皆さまの支えもあり、弟は寛解。信心の確信をつかむことができました。創大に在学中は先生との生涯の原点を築くことができました。
 卒業後は地元・福島で就職。県内中を転勤する中、さまざまな宿命の嵐が。温かな学会家族の励ましに奮起し、妻と共に乗り越えることができました。3人の子どもたちも、後継の道を歩んでいます。
 本年は、池田先生が福島研修道場を訪問されてから25周年。師弟共戦の会津の天地に、新たな人材の宝の山を築いてまいります。

10/20^05:41






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++