きょうの発心

2021年2月28日(日)
【NO TITLE】
御文 此の信の字元品の無明を切る利剣なり其の故は信は無疑曰信とて疑惑を断破する利剣なり(御義口伝、725ページ・編1571ページ)
通解 この信は元品の無明(根本の迷い)を切る鋭利な剣である。その理由は「疑い無きを信と曰う」ということで、信は疑惑を断ち切る利剣である。

強き「信」で宿命を使命に変える
 “信”こそ、無明という迷いの根本を打ち破る利剣であると、教えられています。
 信心強盛な両親の元に生まれ育った私は、未来部、学生部、男子部とまじめに学会活動に励んできました。順調だった人生に試練が訪れたのは、結婚後の1989年(平成元年)。3人目の子どもが、重い心臓病のため、生後8日目に亡くなったのです。大きなショックでしたが、同志の激励によって立ち直ることができました。
 それから7年後、今度は、生まれてきた子どもに障がいの疑いがあるとの診断が。心が押しつぶされそうになりましたが、先輩から「御本尊を信じ切ろう」「広布のための行動は、全部、福徳になって返ってくる。宿命を使命に変える戦いを」と励まされ、何があろうが子どもを守る、信心で宿命転換すると夫婦で固く決意。検査の結果、障がいの疑いも晴れ、いかなる試練にも揺るがぬ信心の確信をつかみました。
 「前進・人材の年」の本年、師との縁深き大阪学園総県の壮年部として、報恩感謝の思いを胸に、一人でも多くの人を幸せにするために前進します。

2/28^05:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++