きょうの発心

2019年7月12日(金)
【NO TITLE】
御文 末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はきらふべからず、皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱へがたき題目なり(諸法実相抄、1360ページ・編549ページ)
通解 末法において妙法蓮華経の五字を弘める者は、男女は問わない。皆、地涌の菩薩の出現でなければ、唱えることのできない題目なのである。

 地涌の菩薩の自覚について仰せです。1991年(平成3年)11月26日、横浜池田講堂を初訪問された池田先生は、未来部の私たちに「創価大学にいらっしゃい」と温かく励ましてくださいました。
 先生の激励を胸に、創価大学を受験し合格。家庭の経済苦の中でしたが、両親は喜んで私の背中を押してくれました。卒業後は、営業事務の仕事と学会活動との両立に悩み、悪戦苦闘。先輩方の支えもあって、“広宣流布のお役に立てる人材に”と自身の使命を定めて挑戦を続けました。
 2年前には父のがんが再発しましたが、同志の皆さまの題目に包まれ、病魔に打ち勝ち、家族全員でさらなる信心の確信をつかむことができました。
 先生が「正義」「共戦」と揮毫されてから40年の本年、御書根本にスクラムを広げる東海道女子部には、後継の人材群が光っています。7・19「女子部結成記念日」
へ、師匠との誓いのままに、何があっても負けない青春を歩み、使命の天地で勝利してまいります。  東海道女子部主任部長 木村久仁子



7/12^06:17






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++