きょうの発心(信仰体験談と決意)

2022年1月15日(土)
【NO TITLE】
御文
 世間の浅きことには身命を失えども、大事の仏法なんどには捨つること難し。故に
仏になる人もなかるべし。(佐渡御書、新1285・全956)
通解
 世間の浅いことのために身命を失うことはあっても、大事な仏法のためには身命を
捨てることは難しい。故に仏になる人もいないのである。
明るく朗らかに共戦の連帯を
 尊い生命を仏法のため、広宣流布のために使っていきなさいと教えられています。
 創価大学を卒業後、“社会で実証を”と、大手航空会社に就職。15年間、国際線に乗
務しました。1984年(昭和59年)、訪中される池田先生を機内にお迎えできたこと
が生涯の宝です。
 結婚後、2人の子どもを出産するたび、バセドー病が悪化。誓願の唱題を貫き、医
師も驚くほど短期間で寛解を勝ち取ることができました。
 その後、総区婦人部長(当時)として奮闘していた時、病が再発し、不整脈と心臓
疾患に。同志の励ましに支えられ、御書と小説『新・人間革命』を懸命に学びました。
師匠への感謝があふれ、確信が深まるにつれて症状が改善。元気に学会活動に励んで
います。
 同志を尊敬し、励まし合いながら、師弟共戦の大連帯を、明るく朗らかに築いてま
いります。


1/15^05:29






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++