きょうの発心(信仰体験談と決意)

2023年1月24日(火)
【NO TITLE】
御文
 法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる。(妙一尼御前御消息、
新1696・全1253)
通解
 法華経を信じる人は、冬のようなものである。冬は必ず春となる。
題目根本に対話拡大に先駆を
 厳しい冬も暖かい春を迎えるように、信心を貫く人は、必ず勝利するとの御
文です。
 大学受験に失敗し、不安でいっぱいだった時、この御文に巡り合い、発心。
女子部として、仕事と学会活動に全力で挑戦を始めました。
 1990年(平成2年)、93年(同5年)に行われた2度の「九州総会」と94
年(同6年)の「アジア青年平和音楽祭」で池田先生の真心に触れ、生涯不退
の人生を誓い、友への弘教が実りました。
 結婚後、義母が病に倒れ、あまりにも早い別れに。夫婦で“義母の分まで頑張
ろう”と祈り戦っていた時、子どもを授かることができました。
 その後、私の両親と同居しましたが、元気だった2人が次々と病に。心が折
れそうになりましたが、同志の温かな励ましに奮起。“師と共に前進を”と祈り抜
き、全ての困難を題目根本に乗り越えることができました。
 未来部や青年世代の活躍が光る筑豊総県は、対話拡大に先駆し、後継の人材
を陸続と輩出していきます!

1/24^05:21






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++