地湧

2022年6月24日(金)
【NO TITLE】
御文
 鉄は炎い打てば剣となる。賢聖は罵詈して試みるなるべし。(佐渡御書、
新1288・全958)
通解
 鉄は、炎に入れ熱して打てば剣となる。賢人、聖人は、罵られることで
真価が試されるものである。
“今ここから”人間革命の劇を
 苦難をどう乗り越えるかによって、人間の真価が決まるとの仰せです。
 若き日の池田先生が第1部隊長として活躍された、墨田の地で育ちまし
た。
 自身の将来に悩んでいた時、いつも励ましてくれたのは、熱意あふれる
地元の先輩たちでした。
 懸命に仏法対話するも、なかなか弘教が実らず悔しい思いをしていた時、
先輩が共に祈り、動く中で拝してくれたのが、この一節です。
 その後、初めて友人を入会に導くことができた時、自身の成長を実感。
広布のための労苦には、一切無駄がないと確信しました。
 先生は男子部大学校生への指針に、この御文を贈ってくださいました。
いかに苦しくとも、“今ここから”人間革命のドラマを起こそうと、大学校生
一人一人が、飛躍的な成長を遂げています。
 大学校生と共に、新生の「山本伸一」として、地涌の誓いに生き抜き、
師匠の期待に応えていきます。


6/24^05:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++